痛風を抑える薬

まさか私が、健康にアレだけ気を使っていたのに、薬を服用することになるとは、、、健康診断で高尿酸血症が高いことを知りました。そのために、痛風が起こりそうになった場合に、ザイロリックと呼ばれる薬の服用を勧められました。まさかというか、こんなことになるとは思いませんでしたね。

 

高尿酸血症と診断されたからと言って、すぐに尿酸値を下げる治療薬を必要yになるわけではない。尿酸値が7.0mg/dlを超えている人は、まずは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒と言っった生活習慣を見直すことが重要。

 

ただし、次のような人は治療薬を飲むことが大事と言われたわけなんですね。

 

痛風発作を起こしたことがあり、もしくは痛風結石のある人。尿酸値8.0mg/dl以上で合併症がある人。尿酸血症9.0mg/dl以上の人

 

痛風と高尿酸血症の根本的治療は、尿酸値6.0mg/dl以下を目指した尿酸値の継続的なコントロールになります。この数値を保つと、関節に沈着している尿酸の結晶を溶け出し、痛風の発作や合併症のリスクを減ると言われています。痛風発作の炎症を進める治療とは分けて考えると様々ありますが、まずは病院で検査をしっかりと受けることが重要です。

 

ほんのちょっとしたことなんですが、どれだけのことを考えて行えるかが重要になるかと思います。些細な事なんですが、どれだけ自分にとって大切なことになるのかを考えて行えるかで、痛風による激痛にもならないはずです。

 

ちなみにですが、ザイロリックは病院だけでなく、インターネットの個人輸入でも購入することができます。
http://zailo-tuf.com/